男性

後藤工務店で満足のいくマイホーム|スマイルが溢れる住まい

大阪の通勤圏内で住宅購入

間取り

購入の流れ

和歌山は大阪のベットタウンとして開発が進んでおり戸建て住宅が建築されています。通勤の足となるのはJR阪和線で、天王寺と和歌山間を特急と快速が走り空港に直結する電車も運行されています。阪和線を利用して通学通勤する際は最寄り駅への距離や乗車時間などを考慮して選ぶようにしましょう。阪和線内を対象としている不動産屋や工務店、建築会社のホームページやチラシ、住宅情報誌などで情報収集します。阪和線内で気になる戸建てを見つけたら業者に連絡して案内してもらいましょう。戸建て物件の見学は1度で終わらせずに昼や夜、晴れた日や雨の日など条件を変えて何回か訪れるようにします。大きな買い物ですから自分の目で周辺の環境などを確認してみるのも戸建て選びには重要です。希望の戸建てが見つかったら金融機関に住宅ローンの確認をします。そして、業者に購入の申し込みをするのですが、物件によって違いはありますが、2〜10万程度の申し込み金が必要になります。これは戸建て購入代金の一部に当てられます。次は業者と契約を結ぶために購入代金の数パーセント分の手付金を支払います。手付金は契約が破棄された場合は戻って来ないお金ですから契約を結ぶときは注意しましょう。そして戸建て購入の頭金を支払いますが近年では、頭金不要としている物件もあります。この場合は住宅ローンの中に組み込んで支払うことになります。このように戸建て購入には最初に現金が必要となります。慌てることがないように前もって用意しておきましょう。